Close

Attention 当医院の院内感染症対策

当院では、院内感染症対策として以下の対策を実施しております。

患者さまに安心してご来院いただける環境づくりに努めて参ります。
ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症対策に関する取り組み

施設内の予防・対策
  • ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保の徹底に努めています
  • 待合室に空気清浄機を設置しています
  • 待合室の雑誌・新聞・ウォーターサーバーなどは撤去しています
  • 治療内容により予約の間隔や治療用チェアーの調整をおこなっています
  • 定期的に換気をしています
  • 院内に消毒液を設置しています
  • ドアノブなど院内の手に触れるすべての箇所を消毒液にて拭いています
スタッフの予防・対策
  • 通常診療時以上のスタッフの感染防護対策(フェイスガード、キャップ、ガウンなど)の徹底に努めています
  • スタッフに検温を徹底し、倦怠感などの症状があれば、自宅待機するよう徹底しています
患者さまへお願いしている予防・対策
  • 事前問診にて感染の疑いがある症状が発症している場合の電話などによる事前対応へのご協力をお願いしています
  • ご来院前に検温をお願いしています
  • 37.5℃以上の発熱やのどの痛み、咳、だるさなどの症状、あるいは嗅覚異常、味覚異常などの症状がある場合には診療を延期していただく可能性がございます
  • 入室時には必ず手指消毒をお願いしています
  • 診療室や待合室の人数を減らすために予約の厳守をお願いしています
  • 治療の前に抗菌性のうがい液でうがいをお願いしています
院内感染予防に関する取り組み
  • 医療用空気清浄機を稼働させています
  • マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、紙エプロンや紙コップなどのディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています
  • 診療台から院内すべてをアルコールで清拭・清掃しています
  • 治療器具の消毒の徹底に努めています
  • ドリルなどのハンドピースを含め患者さまごとに交換し消毒しています
  • 口腔外バキュームを使用しています
  • 滅菌前に全自動洗浄装置を使用しています
  • 使用する器具の滅菌にはクラスB、クラスS、クラスN規格のオートクレーブ滅菌器を使用しています
  • 根管治療の際に治療する歯を中心に口全体にゴム製の膜を張るラバーダムを使用しています
  • 治療時にはゴーグルやフェイスシールドを着用しています
  • スタッフは頻繁な手洗いと手指消毒の徹底に努めています
その他の取り組み
  • 非接触型決済を導入しておりますので現金の受け渡しなどによる接触を極力避けることができます

当院の目指すところ

お口の中が健康なことが「幸せ」なんだ、と思っていただくことを目標としています。

これまでの日本の歯科医療はリピートレストレーションリサイクル(一度治療した歯が数年毎に修復物の脱離 や二次虫歯が起きること)になっています。小さな虫歯になったことによって、繰り返しが始まり、歳を追うごとに危険水域の歯が出てくるのです。歯を守ろうとすれば守れる。このような繰り返しにならないように、私たちは、お口の中が健康なことが「幸せ」なんだと気づいていただくことを目指しています。

理想の口腔内のために

当院の治療方針は包括的歯科医療(comprehensive dental care:症状の部分だけを見るのではなく、お口全体をしっかり検査し、すべてのバランスを確認しながら、治療を進める長期安定を実現する治療法)です。

そのために重要なことが「カウンセリング」です。
カウンセリングでは
①過去どうだったのかを整理し、
②未来はどういうことになっている可能性を予測、
③それに対して患者さまがどのようになっていたいのか、
具体的にどのような未来を描いていくのか、を伺います。このカウンセリングによる患者さまの“どうなっていたいのか”の目標設定と、精密な検査から、治療計画を決定していきます。

Trouble check

お口のトラブルチェック

  • 歯磨きのときに歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきに腫れがみられる
  • 歯ぐきに痛みを感じる
  • 歯と歯の間に隙間ができてきた
  • 口臭がある
  • 歯ぐきが赤い
  • 歯ぐきにかゆみを感じる
  • 以前より歯が長くなったようだ
  • 歯が揺れる
  • 前回の歯の定期検診から半年以上経過している

Three Reasons 当院が歯周病治療で選ばれる理由

  • 01

    歯周病の根本的な原因を把握・改善

    歯周病を発症する原因は、患者さまの体質や環境・生活習慣によって大きく異なります。元々その方が持っている歯周病菌に対する耐性や、歯茎や骨といった歯周組織の強さなどに影響されます。その方に合った治療法を提供する為、口腔内の検査を徹底し、口腔内の状況を正確に把握します。その上で、患者さまご自身にも口腔内の状況をしっかりとご理解いただき、改善に向けた治療を行って参ります。

  • 02

    チームで戦う歯周病治療

    歯周病治療は、歯科医師1人の力だけで行うことは困難です。歯科衛生士によるクリーニングやご自宅でのブラッシング指導、歯科助手による手術前後の注意点やお薬の内服方法などの連携というように、さまざまな役職のスタッフが総合的にサポートすることで患者さまをバックアップしております。そして何より、患者さまの治療への取り組みも必要不可欠です。歯周病治療は長期間に渡って取り組む必要がありますので、しっかりとゴールを見据えた治療を行います。

  • 03

    歯周外科の技術

    当院では、重度の歯周病患者さまに対し、歯周外科治療も行っております。代表的な治療法として、歯肉剥離掻爬術というものがあります。この手術は、歯肉を開いて歯根面を露出することによって、明視下において歯石の取り残しを除去します。同時に歯槽骨の形態や歯肉の厚みをコントロールすることで、治癒しやすく、メインテナンスしやすい内部環境の構築を行います。また、歯周病によって骨や歯周組織を失ってしまった場合でも、エムドゲインを用いた歯周組織再生療法や根面被覆術などを用いた治療を行い、難易度の高い手術にも対応しております。

健康な状態の歯とはどういう状態?

骨によって支えられている歯ですが、見た目には歯肉で覆われているため見た目には歯と歯肉しか見えません。
目には見えぬところが大事な部分で歯と歯肉の間には溝(歯肉溝)があり健康な状態であれば溝は3ミリ以内が理想になってきます。

  • 歯冠

    エナメル質という非常に固いもので覆われている歯の頭の部分。透明な白色をしている。

  • 歯肉

    骨を覆っているお肉の部分。一般的には歯茎ともいわれ、正常な時は、ピンク色をしている。

  • 歯根

    歯の根の部分。うすい黄色をしている。

  • 歯槽骨と呼ばれ、歯を支えている一番大事な部分。

Method of treatment

抜歯や悪化を回避するために

歯周病により失った骨を回復する治療


  • Method 01

    骨移植

    歯周病によって欠損した骨を移植し、再構成する方法です。代表的な骨移植方法として、自分の身体から腸骨などを採取し、 そのまま、または顆粒状に砕き骨が足りない部位へと移植する「自家骨移植」や、患者さまご自身以外から採取した骨移植片を用いる「他家骨移植」などがあります。

  • Method 02

    GTR法(歯周組織誘導法)

    歯周ポケット内に溜まった歯垢(プラーク)や歯石を除去するため、歯茎を切開するフラップ手術を行います。手術後、歯肉の下に一定期間「メンブレン」という人工膜を設置します。この「メンブレン」を設置することで、歯茎の侵入を防ぎます。その間、骨などの組織が再生する空間と時間を確保し、失った歯周組織の再生を促す治療方法です。以前のGTRは人工膜を取り除くために、2回の手術が必要でしたが、現在では吸収性の人工膜が開発されたので、手術は1回で済むようになっています。

  • Method 03

    エムドゲイン

    エムドゲインとは、新しい歯周組織再生誘導材料法で、スウェーデンのビオラ社が開発しました。主成分であるエナメルマトリックスデリバティブは、乳歯が生えてくるときに大切な働きをするタンパク質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性を確保し、現在では世界44ヵ国以上で使用されています。歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインを塗ることで、歯が生え始めるときに似た環境を再現します。初めて歯が生えたときと同じような強い付着機能をもつ歯周組織の再生が可能になります。


詳しくはこちら

Medical flow 治療の流れ

  • Step 01

    スケーリングと歯ブラシ指導

  • Step 02

    SRP

  • Step 03

    歯周外科

  • Step 04

    被せ物の治療

  • Step 05

    メインテナンス


詳しくはこちら

クリーニングとメインテナンスの違い

皆さまは、クリーニングとメインテナンスの違いをご存知でしょうか。

定期健診やクリーニングさえ行っていれば、虫歯や・歯周病にならないと考えている患者さまが非常に多くいらっしゃいます。クリーニングとメインテナンスの違いについて、正しく理解し、日々の口腔ケアに役立てましょう。まず、それぞれの言葉の意味からご説明いたします。

「定期健診」とは

主に病気や不具合を見つけることで、定期的に口腔内の状態を確認することです。

「クリーニング」とは

歯石やプラーク(歯垢)、茶渋などを取り、お口の中をきれいにすることです。実は、このクリーニングには、一時的にキレイにできる効果はあるものの、その後ホームケアがきちんと行われないと、全く意味がないのです。虫歯や歯周病を予防するためには、毎日のブラッシングでプラークを落とすことです。ですから、セルフケアが非常に重要となります。ここで「メインテナンス」という考え方の出番です。

メインテナンスは、現状の口腔内を維持・管理していくことを意味します。歯科衛生士による生活習慣に基づいた健康状態の把握、プラークコントロールの具体的な内容をアドバイスし、ホームケアで落としきれなかったプラークを除去します。このように、「クリーニング」と「メインテナンス」はそれぞれ役割が異なります。

定期的なメインテナンスで、健康的な口腔内を維持できるようサポートさせていただきます。

State of the hospital 院内の様子

Topics お知らせ

  • 2021.04.28

    やまもと歯科の歯周病専門ホームページを公開しました。

    ウェブサイト公開に伴い、新たに情報配信ページを設置しました。様々な情報を配信してまいりますので、...

    Read more

Read all articles

Contact us ご予約・お問い合わせ

〒720-0805 広島県福山市御門町2丁目5-32 ヴェルドミール1F

  • 診療時間

    診療時間
    08:00〜12:00
    12:30〜17:45

    備考:祝日のある週は水曜日も診療しています。

  • アクセス

    • 山陽本線福山駅 南口 車7分
    • 山陽本線福山駅 南口 徒歩20分
    • 山陽本線東福山駅 南口 車11分

    駐車場

    医院前に7台分の駐車スペースをご用意しております。

オフィシャルサイト インプラント専門サイト